医療法人立命会 村上循環器科

新型コロナウイルス感染症
皆様へのメッセージ

 令和4年は1月から感染第6波が続き、これが収束することなく7月から異次元の感染拡大を示した感染第7波が始まり、愛媛県ではお盆過ぎ頃にピークを迎えました。この頃、県内各保健所は麻痺し、診療所の発熱外来は完全な渋滞に入り検査を申し込む電話をかけても断られ続けるようなことになりました。重点病院では病床利用率が満床になるほどいっぱいになり、入院の適応があっても入院できない状況になりました。医療崩壊の一歩手前でした。愛媛県下には「医療危機宣言」が発出され、第7波は9月に入ってようやくピークを越えましたが、完全に収束することはなく11月現在、感染は急速に再拡大しており、私たちはおそらく感染第8波の入り口に立たされているものと思います。

 新型コロナウイルスと向き合って3年になります。令和2年5月頃のステイホームの時のような厳しい自粛生活を再度県民に求めることは難しいだろうと思います。無理な自粛生活のマイナス面もよくわかってきました。自粛生活を続けると社会経済が回復困難なダメージを負うこともわかりました。私たちは、より「日常」を取り戻しながら、好んでか、やむを得ずか、解釈は微妙ですが、新型コロナウイルスと付き合っていく選択を迫られています。

 しかし、「感染者を減らすことこそが最大の経済対策」です。感染者を最小限にとどめてこそ、皆さんが安心して買い物を楽しみ、観光を満喫することが許されます。また感染者を最小限にとどめることで、死亡してしまうかたを減少させることが可能になります。

 感染拡大をくいとめ、みなさんが安全な生活を継続することを可能にするために最も有効な手段はワクチン接種です。すでにファイザー社からはオミクロンBa4/5対応ワクチンが提供されていますが、12月になればモデルナ社からもオミクロンBa4/5対応ワクチンが提供されます。ワクチン接種は強制ではありませんが、できるだけ早くワクチン接種をいただくことが、あなた自身を守り、ご家族を守り、それが社会を守ることになります。ぜひご協力をお願いいたします。

 ワクチン接種だけでなく、日頃の三密の回避や頻回の手指の消毒を励行し、寒くなりますがお部屋の換気に十分配慮いただきたいと思います。北海道で感染者が急増しているのは寒気襲来のために換気がおろそかになっているとためとされています。今後も罰則を伴うような行動制限は課されない見通しですがので、年末に向けて忘年会や慰労会が企画されているものと思いますが、皆さんには自制心をもって節度ある行動を心がけていただきますようお願いいたします。

2022年11月16日

 

 

 昨年末にはデルタ株による新型コロナウイルス感染拡大の第5波が収束し、約1か月間の小康状態ののち、現在、私たち愛媛県民はオミクロン株による感染拡大第6波の真っただ中に巻き込まれているところです。私たちが新型コロナウイルスと向き合うようになって、早や2年が来ようとしています。

 今回のオミクロン株は想定をはるかに上回る異次元の強い感染力を維持しており、感染の中心であった若い世代の年末年始の移動や宴会、成人式やその後の宴会で拡大し、ウイルスを家庭に持ち帰ると瞬く間に家族全員に感染を広め、職場や高齢者など感染は幅広い世代に広がっており、ここ数日の複数の高齢者施設でのクラスター発生は懸念材料です。現在のオミクロン株陽性者のほとんどは軽症・無症状であり高齢者や基礎疾患のある方の重症化率は、いまだ知見が明らかではないものの、健康な若い世代よりは重症化しやすいことは確実と考えられ、入院に占める高齢者の割合が高まっていることは心配です。

 ちなみに令和4年1月25日の新たな陽性者は367人で過去最高、80歳代のかた二人が死亡されました。医療機関などでクラスターが6件発生しました。

 重症化リスクが高いと考えられる高齢者の感染増加は入院患者の急増に繋がり、医療への負荷が高まり、コロナ以外の一般の医療の縮小を余儀なくされる医療逼迫にもつながり、すべての世代の県民の皆さんへの医療提供に負の影響をもたらします。具体的には入院や外来診療の縮小、予定していた手術の延期、救急患者の受け入れ困難などです。

 現在のところ、陽性者の症状は軽いこともあり、大半が自宅療養が可能な状況なのですが、オミクロン株の強い感染力から自宅療養者が急増していることが問題です。この感染拡大は、かつて経験のない異次元の領域であり、県内各保健所も感染者の急増により疲弊が目立ちます。陽性患者の生命を守るための健康観察など業務に優先順位を付けざるを得なくなっています。これに感染者の疫学調査を含め、正月以来、休日返上の連続勤務で毎日の帰宅が深夜に及ぶ日が続いています。

 愛媛県医師会では、逼迫する保健所業務を支援するため自宅療養者の健康観察を電話で行う仕組みを徐々に拡充しているほか、クラスターが発生した高齢者施設への往診、濃厚接触者の検査や診療など医師会総力をあげて航路な医療を全面的に支えています。これまでの感染第1波から第5波でも、それぞれに多くの厳しい局面に直面しましたが、その都度オール愛媛、チーム愛媛で一丸となって難局を乗り越えてきました。

 しかし、ここで感染の連鎖を断ち切らないと、やがては地域医療の維持が困難になることを最も懸念しています。例えば一般の医療機関の発熱外来や診療・検査機関も感染拡大に伴い確実に負荷が増しています。これ以上の負荷がかかると、その他の本来のかかりつけ患者さんへの診療に負の影響を及ぼすことになります。

 コロナウイルスは身近に迫っている自分事ととらえ、家族や地域を守るため、一人ひとりが基本的な感染対策を徹底し、感染しないこと、感染させないことを意識して行動するようお願いいたします。

 3回目のワクチン追加接種が始まります。私たちも総力を結集し休日を返上して全力で接種にあたります。まず高齢者の方から始めますが、2月末までには高齢者接種を終了させる予定で頑張ります、若い世代の方は、高齢者の追加接種が終了するまでは、特に感染回避行動を意識していただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 現在の状況は、市中にコロナウイルスが蔓延している状況と言えます。いつ、どこで、誰がかかっても不思議ではない状態です。感染者には一切の責任はありません。感染者を特定したり、誹謗中傷することは絶対にやめましょう。また根拠のない噂話しや推測をSNS上で拡散することもやめましょう。

2022年2月10日
新型コロナウイルスワクチン3回目
の追加接種(ブースター接種)の
すすめ

① 2回接種ではブレークスルー感染と言って、新型コロナウイルス感染症を罹患するケースが多発しています。おそらく時間の経過とともに中和抗体の量が減ってしまうためです。

② 三回目接種をすることで高い中和抗体価が約半年後も維持されています。これにより新型コロナウイルスの感染予防効果と、仮に感染しても明らかな重症化予防効果と入院抑制効果が証明されています。


新型コロナワクチンの交互接種
について

① ファイザー→ファイザー→ファイザーと3回とも同じワクチンをするよりも3回目をモデルナにした方が中和抗体の産生量が多かったとするデータがあります。政府分科会の尾身会長もドイツのメルケル元首相も交互接種しました。

② 同じワクチンを使っても、交互接種で異なるワクチンを使っても副反応は2回目接種のときと同じ程度です。

③ モデルナワクチンは1・2回目は0.5ml注射しましたが3回目接種は半分の0.25mlの注射量ですので痛みや腫れは少ないと思われます。


それぞれどちらのワクチンもオミクロン株に有効です。第6波の流行がなかなか収束できていませんのでファイザーでもモデルナでもよいので接種券が届き次第 「早く」接種を受けることが大切です。

 
9:00~12:00 -
14:00~17:00 - - -

時間 / 午前 9:00~12:00 午後14:00~17:00

休診 / 木曜午後、土曜午後、日曜、祝祭日、年末年始、お盆、地方祭(10月7日)は休診致します。

保険証は毎月1回必ずご提示ください。

医療法人立命会 村上循環器科
〒790-0878 松山市勝山町2丁目7-2
市内電車勝山町電停北徒歩3分

Copyright (C) 村上循環器科CO,LTD. All Rights Reserved.